丹田(たんでん)=気が集まる場所と、云われています。上丹田・中丹田・下丹田と、3つの丹田がありますが今回は上丹田をメインにお伝えします。

上丹田とは 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: joutanden-600x338.jpeg

丹田という臓器は存在するのではなく、意識することで活発になる意識体です。上丹田は眉間の位置、脳の前頭前野の部分にあり、第三の目(サードアイ)とか第六チャクラと云われたりします。まずは眉間の表面よりも内側、「此処にある!」と、上丹田の場所を意識してください。意識するだけでも気が集まります。 

上丹田の効果 

上丹田は位置的に、目の神経や松果体、前頭前野が関係します。 

感情のコントロール・記憶・学習・計画性・直感・ひらめき・集中・判断・洞察力・想像力など

この上丹田に気をあげて活性化するとすごい成果がありそうです。よくちまたでは、「開眼すると霊力が上がる!」とか「超能力が目覚める!!」などと言われたりしますが、あながちウソでもありません。ただ最初からいきなり「サイキックを手に入れよう!!」等という目標は持たないでください。ここでは気功の観点から、3つの丹田を意識して体内のエネルギーの集まりを実感していきます。丹田がわかれば線ができて、小周天ができます。 

丹田のつくり方 

このサイトを初めてみてくれた方は、「丹田てナニ??」と、意味不明だと思います。丹田を理解するには、

①意識する 

②認識する 

まず丹田の場所を「此処に丹田がある!」と意識する。 実際に気を感じて認識する。これは理論ではなく、実践して自分のカラダで実感するしかありません。

基本の姿勢 

✔肩幅に立ち、ヒザ・つま先を真正面に向けます。
✔姿勢を伸ばし、頭から糸で引っ張られるように軸をまっすぐにします。
✔肩の力を抜き、ヒザを少しゆるめましょう。
✔目は半眼、舌は上あごに軽くついてる状態です。
✔リラックス♪

では、映像を観ながら一緒にやってみましょう♪ 

⇩⇩⇩ 

 いかがでしたか? 

 丹田の位置に指をさして、左右に99回 回転する  

最初はよくわからなくても、丹田を意識して気をあげることで確実に活性化しています。映像では上丹田しか行なってませんが、中丹田・下丹田でも同じように行なってみてください。自分の体内で、上・中・下の3つの丹田を活性化してエネルギーを蓄えられれば健康状態はもちろん、毎日の生活も変わってきます。

上丹田は、直感やひらめき・集中力・判断・洞察力を司っているので、学力や仕事の効率が確実にアップしそうです。定期的に行なうことで感覚が磨かれ、気力が高まります。ぜひ継続して行なってみましょう♪

二本指の気の感覚をもっと上げたい方は、こちらも参考にしてみてください。→【気功講座12】

丹田についてはこちら→【上丹田・中丹田・下丹田】 

やってみた感想など、ぜひ下のコメント欄、もしくはLINE友だちから聞かせてください。あなたからのご意見を参考にさせて頂いてます♪ ご意見・ご要望・感想、とても嬉しいデス♡ 

ご覧いただきありがとうございました。

あなたの健康を願ってます。(^.^)/~~~☆