今回紹介する方法は、塩やお札、天然石などは使用せず、身一つで誰でも簡単にすぐできるやり方です。

なんでも引き寄せちゃうとか、逆に「人といると気を吸われちゃう」という自覚がある方はもちろん!

施術やマッサージ、接客業や営業のお仕事の方にもおススメします!!

①結界のはり方

ずっと良い気があふれる場所にいて、いつもパワーあふれる元気な人と毎日過ごせる☆

それは理想的な生活かもしれませんが、現実はなかなか難しいところです。

仕事の都合、もしくは生活上どうしても移動しなければならない時は必ずあります。あなたが「あまり行きたくないな~」と、気が進まない場所にどうしても行かなくてはいけなくなってしまった場合、気がすすまない場所は気が合わない場でもあります。結果的に疲れる。。。わけですよね。

マイナスな気がある場にあなたが居るなら、結界をはっていきましょう!

気功はまずはイメージです。

自分を中心に、半径40~50センチくらいの枠を作ります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 枠-600x415.jpeg

映像を観ながらやってみましょう♪

    ⇩⇩⇩

②バリヤのはり方(ガードの仕方)

「気」というのは、あなたが「感じとる」だけではなく「吸われる」場合もあるのです。

人混みの中で、出歩いて疲れた。人に酔っちゃった。そんな時ありますよね。

それはあなたが他人からのマイナスな気を感じ取ったり、元気のない人から自分のエネルギーを吸われているんです。

これはもう、気を吸ったり吸われたりしないように、ガードをするしかありません!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ガード-600x338.jpeg

手のひらの中心にある【労宮】のツボは、身体の中で一番、気を出し入れする場所でもあります。

ここを包むようにふさいでいく。「気を吸わない・吸わせない」ためにガードする。そうすれば、自分自身にバリヤが張れた状態になります。

③邪気の払い方(負な気が入った時の対処法)

気功を学んでいるあなたはもう経験があると思います。ある程度、気を感じとれると、ふいに「入ってきちゃった」パターンがおとずれます。

もちろんそのまま放置はよろしくないので、出しちゃってください。

ホコリを払うように、ぱっ ぱっ とふり払う。

 注意
 出した邪気をそのままにせず、必ず浄化しましょう!
 地面の奥まで、もっと底まで、地球の奥底まで押しやるイメージで押し込んでいく。
 (重要です。)

施術やマッサージをする方には特に必要ですね。気功診察をすると毎回行ないます。

地の気(土地)も人も、いつも同じ気を発しているわけではありません。特に人は、体調もそうですがストレスや不安を抱えていると、ちょっと危ない気が出てたりします。これがよく接してる人でもそんな状態になるので、まずは自分に悪い気を入れないようにしましょう。入っちゃったら出して、自分を守ってあげてください。

気功講座#5でも「悪い気を出して浄化する」方法を行なっているので、ぜひ一緒に試してください。

念じる

そして、結界やガードの仕方でもそうですが、【念】が大事なポイントですね。

もうホントに自分を信じて、「強く思って」ください。

①②③で一番重要なポイントは「悪い気は入ってこない!」「ここからは入ってこない!」「負の気を出す!」と、強く念じること。

心を強くすることと経験で、念も強くなります。

あとは日々行なっていくだけです。引き続き気功講座#1からもおさらいして感覚を磨いていきましょう♪

質問や疑問、「こんなことやってほしい!」のご要望がありましたら、下のコメント欄、もしくは「LINE友だち」から気軽にお寄せください。やってみた感想など、ぜひ聞かせてください(^^♪

それではまた(^.^)/~~~